おすすめの りらっくす&スキンケア&ヘアケア商品のネットショップです

「カラートリートメントの特徴としっかり色を入れるコツ」について


■リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

まず、リンスとコンディショナーとトリートメントって、どう違ってどう使い分けるの?
と疑問を持たれてらっしゃる方も多いかと思いますので、簡単に説明します。

リンスは、髪の表面を油分などでカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、
指通りをよくすることと、髪の水分の蒸発を防ぐ働きをしますが、毛髪の内部までには
作用しません。

コンディショナーも同様ですが、リンスよりは髪の表面のコンディションを整える力が
優れているものと考えるといいでしょう。

トリートメントは、リンスやコンディショナーと同じ効果がありますが、毛髪の内部まで
タンパク質成分が浸透できるので、髪のダメージ部分に内部から栄養補給ができます。


ついでに言うと、どれも毛穴に油分を残してしまう可能性があるので、根元にはなるべく
つけずに、毛髪の中間から毛先を中心につけるようにした方が良い
です


■市販のシャンプー剤を使用しない方がよい理由

では、何故リンスやコンディショナーが必要なのか?ということを説明します。

市販のシャンプー剤は、安価で泡立ちのよいラウリル硫酸などの洗浄剤が使用されており
洗浄力が強すぎて皮脂を取りすぎてしまったり、刺激が強すぎて髪や頭皮にダメージを
与えたり、浸透力が強すぎて、合成添加物などが毛穴に残留して抜け毛の原因になったり
と、悪影響を及ぼしますので、お勧めできません。

そして、ラウリル硫酸などが髪のきしみの原因となる為、髪をコーティングして指通りを
よくする働きのあるシリコン剤などが配合されていたり、リンスやコンディショナーで
髪の表面を整える必要がでてきます。

美容院で使用しているような無添加のシャンプー剤を使用すれば、髪がきしむことがなく
なる為、
リンスやコンディショナーを使用する必要がなくなり、トリートメントで栄養を
与えるだけでよいことになります。



■ヘアカラートリートメントの特徴

ヘアカラートリートメントは、髪をコーティングして色を重ねていく形ですが、同時に
トリートメント成分=栄養を髪の内部に与えて髪のダメージを修復する働きがあります。
故に、シリコン剤の入っているシャンプーを使用すると、シリコンで髪をコーティングして
しまう為、トリートメント成分が髪の内部に入りにくくなりますので、ノンシリコンの
シャンプーを使われた方が効果があります。


私が使っているのは、「ベジタブルカラーリッチ」という天然成分の
「濃密クパスバター配合」白髪用カラートリートメントです。

髪に艶・ハリ・コシ・潤いを与え、髪が健康的に美しくなるのも気に入っています。


■ヘアカラートリートメントでしっかり色を入れるコツ

よく、ヘアカラートリートメントは色が染まりにくい、ということを聞きますが、
それは、ヘアカラートリートメントの特徴である、髪をコーティングして髪の表面に
色を重ねていく
、ということから、何度か重ねないと色が出にくい場合があるのです。

色味については、髪を紙、ヘアカラートリートメントをセロファンと考えるとわかりやすく
白い紙に明るい茶色のセロファンを重ねると、1枚だと薄い茶色ですが、何枚も重ねていくと、
濃い茶色になって、ヘアカラートリートメント本来の色に近づきます。
逆に黒い紙にいくら明るい茶色のセロファンを重ねても、黒は黒でしかありません。
表面に明るい茶色が乗っているので、光の加減で多少ニュアンスが違ってはきますが。
なので、黒い髪を茶色にすることはできません。

しっかり色を入れたい場合は、乾いた髪をブラッシングしてざっくり汚れを落としてから、
乾いた髪に塗って、ラップで巻いて、ドライヤーなどで温めて、20〜30分くらい置いて
洗い流すと、色が入りやすくなります。



ヘアカラートリートメントの特徴としっかり色を入れるコツさえわかれば、髪にダメージを
与えることなく、却って健康的な綺麗な髪にしながら、自然に白髪を目立たなくすることが
できます
ので、自宅での白髪ケアとしてはお勧めです。